施工技術一覧

斜面安定工について

現場吹付法枠工
概 要 法面に鉄筋を組み立て、金網型枠を設置し、モルタルまたはコンクリートを吹付け造成します。
特 徴 地山に直接吹付けるため地山とのなじみが良く、凹凸がある法面でも梁を連続して施工できるため、耐久性に優れています。
モルタル・コンクリート吹付工
概 要 法面にモルタルまたはコンクリートを圧縮空気によって吹付け、
崖面や法面を覆う工法です。
特 徴 風化等により劣化した崖面に対しては、外気や温度変化、浸透水の遮断効果が非常に高く、施工性も優れていることから、採用実績の多い工法の一つです。
鉄筋挿入工
概 要 斜面に鉄筋を挿入することにより、移動土塊や斜面上の岩塊等を安定化させる工法です。
特 徴 法枠や受圧板と併用することが多い。また、補強材の長さがアンカーよりも短く、比較的崩壊規模の小さい斜面に適用されます。
アンカー工
概 要 地中の安定地盤にグラウトによって造成する定着部と地表部の構造物を引張材で連結させ、引張力を利用して不安定斜面を安定させる工法です。
特 徴 吹付枠工、擁壁工、独立大型支圧板等の工法と組み合わせて使用されます。あらゆる地盤、種々の目的に対して用いることができます。
斜面安定工実績